熱射病(Heatstroke)は重症の熱関連疾患であり、核体温が40℃を超え、中枢神経障害を伴うものと定義されている。サウジアラビアや米国の熱帯での経験は数多く報告されている。しかし、ヨーロッパでは、激しい運動による運動性のheatstroke(Exertion induced Heat Stroke;EIHS)に比べ、高温という外的条件だけによるHeatstrokeは非常に稀であった。

ログインして全文を読む