「血管ドック」や「心臓ドック」ということで、マルチスライスCT(MSCT)の案内や広告を見ることがある。では果たして、放射線被曝リスクを考えた上で、そしてインフォームド・コンセントがなされた上でMSCTの検査が行われているのか、興味あるところである。今回のJAMA報告では、一定のリスクを数をもって示せることとなった。

ログインして全文を読む