日本では、警察・司法の“横暴”により、ICUなどにおける救命不能の患者に対して、医師が生命維持装置(life support)を外すことは、事前指示書が存在する場合を除いては事実上不能となっている。

ログインして全文を読む