NEJM誌には、「マラソン後に、28歳の女性が死亡したケースがある。マラソンに伴う低ナトリウム血症の頻度は不明である。それは医学的関心が低く、情報が限られていたためである。水分過剰摂取が低ナトリウム血症の主な原因と信じられてきたが、これは主に疲弊したマラソンランナーやエリート・アスリートのデータであった。しかし、他のリスク要因が示唆されており、水分内容や、比較的BMIが低いこと、レース時間が長いこと、マラソンの経験が少ないこと、NSAIDs使用や女性であることなどが増悪因子と上げられている」と記載されている。

ログインして全文を読む