「glycemic load」が低い食物は体重コントロールに有益、とは必ずしもいえないことが判明した。「glycemic load」なる考えは、炭水化物を摂取すると、様々な血糖パターンを示すため、種類別に分ける必要があると考えられたために生じた概念だ。例えば、白パンやポテトは高いGI値を持ち、血糖の急激な増加をもたらすという考えなのである。高繊維穀類、豆類は徐々に血糖を増加させる、すなわち低GI値を示すという区別である。

ログインして全文を読む