町医者として、専門外かもしれないが、特定の病気に思い入れを持ってしまうことがある。それがほかの人にとっては当然のことなのかもしれないが、臨床にはちょっとした知的喜びがあった方が楽しいなどと私は思っている。

私のこだわり―成人の伝染性紅斑の画像

ログインして全文を読む