「Difficult Patinet」というとらえ方がある。すべての医師は、行動的あるいは情緒的な要因により、治療が困難だと感じる患者に対しても医療を行わなければならない、とされている。私は、この「Difficult Patient」は年々多くなり、「Difficult family」も日本では問題のような気がする。

ログインして全文を読む