「thermoplasty」というのは、気管支鏡を用いて、カテーテルチップを気管支内腔に入れて気管支壁に接触するまで膨らませ、ラジオ波をカテーテルに送り、平滑筋を華氏約149度(摂氏65度)に熱する方法である。この温度は薄い気道筋肉壁に瘢痕やダメージを与えるには十分であり、喘息のラジオ波治療というわけである。

ログインして全文を読む