プロカルシトニン(PCT)は2006年2月から保険適用され、検体検査実施料が算定できるようになった。この値を目安にして感染症に対する抗菌薬投与の処方・中止を検討することが、一つの流れになっているようである。

ログインして全文を読む