認知症患者に対して、「医学的処置として経管栄養や点滴が行われなければ、患者にとって拷問」という考えは果たして妥当なのか。逆に、経管栄養は、食べたくない者への食事の強制となり、患者の自立(autonomy)を侵害するという考え方もあるのだ。

ログインして全文を読む