今回取り上げるのは、Journal Watchに掲載されている話題である。これによると、うつ病患者の骨粗鬆症は、抗うつ薬を使って身体的活動性を増して改善させると考える傾向になりそうだが、「neuropsychostelogy」を基礎として、脳、活動性などの行動、骨格の相互関係を明らかにする学問の方向性が示唆されている。後述のNatureの論文も読み合わせてみてほしい。

ログインして全文を読む