「喘息予防・治療ガイドライン2006」(JGL2006)はこの5月に発表されたが、重症度分類とステップに基づく管理方法は変わらなかった。ところが、このほど改訂された、国際的な喘息管理基準であるGINA2006では、この辺りが大きく変わった。

ログインして全文を読む