幾分でも身の危険を感じるときに拒否することは、精神疾患患者を治療する精神科医師や医療従事者にとって自然なことである。われわれが恐怖を抱く患者と、治療的な関係を結ぶことは困難。たとえその可能性が小さくても暴力のリスクは存在し、十分警戒することが大事である。

ログインして全文を読む