プラビックス(一般名:クロピドグレル)が発売されて、ますます抗凝固治療に接することが多くなった。抗凝固療法併用は、上部消化管出血リスクを増加させるとのこと。下記のトライアル中も併用療法が425%も増加した。

ログインして全文を読む