消化性潰瘍上部消化管出血の一般的なリスク要因は、年齢、既往、喫煙、アルコール誤用、ヘリコバクター・ピロリ感染、NSAIDs、コルチコステロイド、抗凝固剤、SSRIなどである。

ログインして全文を読む