2004年のLancetの論文(Lancet.2004;363:345-351)で、「日本の年間被爆頻度最も多く、75歳での癌の累積リスクが3%超と推定(イギリス 約0.6%、発展途上国0.6%-1.8%)」と発表された。当時は、多くの議論があったと思う。もう一度図1をみると、1年1回の検診がなければ、日本の診断用放射線被曝は他国並みに下がるのではなかろうか。

乳癌リスクは胸部X線で増大の画像

ログインして全文を読む