qSOFAが登場してからというもの、その有効性について多くの研究成果が報告されてきました。Sepsis-3に基づく敗血症診断においては、ICUでは通常のSOFA、救急外来や病棟ではqSOFAを使用することが前提とされています。通常のSOFAでは血液ガス分析の結果が必要ですし、スコア算出にも時間がかかるため、救急外来や病棟では簡便なqSOFAを用いる方が現場での利便性に適っているという考え方です。

qSOFAは救急外来や病棟以外でも活用できる?の画像

ログインして全文を読む