ここアメリカでは毎日のように銃創患者が発症しています。National Trauma Data Bankによれば、2014年に全米で発生した銃創患者は約3万4000人に上ります。全外傷患者に占める割合は約4%ではありますが、外傷外科医が銃創を経験するのは全く稀有なことではありません。そして、銃創は他の外傷と比べて極めて致死率が高いことはご想像の通りです。

どう変わる?外傷外科医の生きる道の画像

ログインして全文を読む