北米では医学部に入る時点でボランティアや社会奉仕の経験が評価されるため、国際貢献への熱意は日本に比べて概して高いものがあります。したがって、レジデントを獲得する側としても、より優秀な人に興味を持ってもらうため、予算を投じて彼らのニーズにマッチした臨床研修プログラムを作ろうとしています。

ログインして全文を読む