日本で「小児科医」というと、開業の小児科や市中病院の小児科で、幅広く一般的な小児科疾患の診断・治療を行なう、身近で頼れる「子どものお医者さん」というイメージがあるのではないでしょうか。多くの場合、特定分野のみを扱い、どちらかというと大学病院や専門病院などで診療を行なう「専門医」とは対極のイメージかもしれません。

「一般小児医」というプライドの画像

ログインして全文を読む