私の医師生活の中で間違いなく一つの転機になったのは、NGOが設立したカンボジアの小児病院で2003年にボランティアとして働いたことです。

効率よく命をあきらめざるを得ないカンボジアの医療の画像

ログインして全文を読む