アメリカでの3年間の家庭医療研修を終えた2007年、日本へ帰国するという選択肢もありましたが、私(裕也)は家庭医の本場であるアメリカに残って修行を続けることにしました。幸いにも、同じように地域医療を志した研修プログラムの先輩がいて、勤務先を紹介してもらえ、サウスダコタ州のヴァイボーグ(Viborg)という小さな町で、へき地家庭医療に従事することになりました。

かぜの患者に「マンモは受けた?」 あれもこれもやる家庭医の画像

ログインして全文を読む