日本では血管外科の認知度がいまだ低く、東京や名古屋などの一部の大学を除けば、ほとんどの血管外科は心臓血管外科の一部門として診療しているのが現状だと思います。ところがアメリカでは、血管外科は非常に注目を集めるホットな診療科。その一例として、ここ数年はなんと血管外科のレジデントプログラムが全診療科の中で最も競争率の高い専門科の一つになっているのです。いったい、何でそんなことになっているのでしょうか?

若手外科医が活躍できる科とは?の画像

ログインして全文を読む