アメリカで医師になるための第一歩ともいえるのが、MCAT(medical college admission test:通称エムキャット)です。これはメディカルスクール入学申請に必要となる全国統一国家試験で、アメリカ医科大学協会が運営しています。いくつかの例外は存在するようですが、すべてのメディカルスクールが入学志願者に対してMCATの受験を要求していると考えてよいでしょう。

ログインして全文を読む