私が現在勤務するマサチューセッツ総合病院は、1811年にボストンで創設された全米で3番目に古い病院です。世界で初めてエーテルを用いた全身麻酔によって手術が行なわれたことでも有名ですが、現在はハーバード大学医学部の代表的な関連病院として、ベッド数約900、年間入院患者数約4万7000人、年間外来患者数約150万人と、ニューイングランド地方では最も大きな病院です。

ログインして全文を読む