ドイツでは「植物療法」「植物系医薬品」「植物製剤」という言葉をよく耳にします。植物療法と聞くと、多くの方は森の中で新鮮な自然の空気に触れることや、草木の持つ癒やし効果による治療を思い浮かべるかもしれません。あるいは、ハーブ入りのお風呂で体を休め、心身のストレスを取り除く自然療法を想像するかもしれません。そもそも、ドイツの植物療法(フィトセラピー:Phytotherapie)とは何でしょうか?

「合理的な」製剤と「伝統的な」製剤の画像

ログインして全文を読む