「戦後生まれのベビーブーマー世代が高齢化を迎え、増加する医療需要に対応できないために、集中治療に携わる専門医が不足する」。COMPACCS研究はこう予測し、全米に大きなインパクトを与えました。大規模な労働時間調査から導かれたこの研究は、アメリカの医療政策を「医師抑制」から「医師増産」へと変える転機となったとも言われています。また、医師が集中治療の現場で働く期間は20年ほどしかなく、60歳になると現場から退くという現状も描き出しました。

最も重篤な患者を診る専門医が不足している!の画像

ログインして全文を読む