2013年12月5日、南アフリカの人種差別主義政策アパルトヘイトを廃止した第8代大統領ネルソン・マンデラ氏が95歳で亡くなりました。彼は弁護士であり、反アパルトヘイトの闘士でした。27年間もの投獄生活を送った後、当事の南アフリカ大統領であったデクレアル氏と共にアパルトヘイトを廃止した功績が認められ、1993年にノーベル平和賞を受賞しています。

ログインして全文を読む