医師の生涯教育というものは、1950年ごろから、大学病院のグランドラウンドのようなシステムから発展してきたと言われています。ところが、特に1950〜80年代にかけて、CMEのプログラムに対して医薬品業界や医療機器業界からの大きな財政的援助が行われるようになったため、「バイアスのかかった情報がCMEに入ってきているのではないか?」ということが危惧されるようになりました。

生涯教育(CME)と利益相反(COI)のジレンマの画像

ログインして全文を読む