「君をメディカルレビュー・パネルの委員として推薦したいんだけれど、いいかね?」。ある日、唐突に職場の先輩医師から尋ねられた私は、すぐさまこれを承諾しました。うわさに聞いていたメディカルレビュー・パネルです。このときは詳細なプロセスなどは全く知りませんでしたが、「いい経験になるだろう」と思って引き受けました。そんなことなどすっかり忘れていた頃、医療訴訟専門の弁護士事務所から1通の手紙を受け取りました。

インディアナ州で医療訴訟が少ない理由の画像

ログインして全文を読む