今回は、アメリカへの臨床留学に際して、ほとんどの外国人医師に必要となる「J-1ビザ」(交流訪問者、研究員等向け査証)について、あまり知られていない側面を解説しようと思います。

働き続けるために、都会の中の“医療過疎地”への画像

ログインして全文を読む