日本では10月、2014年度の臨床研修マッチング結果が公表されたと聞きました。アメリカではオンラインの出願システムERAS(Electronic Residency Application Service)が9月15日付でオープン。アメリカのプログラムで研修を志す国内外の医学生がいっせいに願書を送信して、半年に及ぶマッチングがスタートしました。

「炎上」で幕を開けた今年のマッチングの画像

ログインして全文を読む