私は東京で生まれましたが、8〜18歳まではアメリカで過ごしました。それから帰国子女としていったん日本に戻って医学教育と臨床研修を受けましたが、33歳のときに再び渡米しました。それが今から16年前ですから、既に人生の半分以上をアメリカで過ごしたことになります。

「帰米中年」はこうして生まれたの画像

ログインして全文を読む