アメリカ人薬剤師は専門大学院博士課程(Pharm.D.)に合格することが実務実習を行なうためのインターン免許を取得できる唯一の方法なのに対し、外国人薬剤師は専門大学院博士課程(Pharm.D.)に合格、あるいはFPGEC(Foreign Pharmacy Graduate Examination Committee) Certificationを取得すると、インターン免許を取得できます。実践力重視のアメリカにおける薬剤師教育では、薬剤師になってからもさらに研鑽を積めるような卒後研修制度が整っています。

ログインして全文を読む