ドイツでは経カテーテル大動脈弁留置術(transcatheter aortic-valve implantation;TAVI)の実施件数が、既に外科的大動脈弁置換術(surgical aortic-valve replacement;SAVR)を超えています。2008年からドイツで行われ始めたTAVIの件数は、2008年の637件から、2014年には実に20倍の1万3264件にまで至っています。一方で、この間にSAVRの症例数は漸減しています。

TAVIはどこまで増えるのか?の画像

ログインして全文を読む