医師の海外留学というと、今も昔も留学先としてはアメリカが一般的です。一方で、私もその一人ですが、ここ数年は欧州に留学する医師も増えているようです。医師の海外留学先の国別内訳については正確なデータはありませんし、私自身がドイツに留学しているので、いわゆる「カラーバス効果」(意識している物事ほど、その関連情報が認知されやすいという心理的効果)もあるのでしょうが、特に私の専門である循環器領域で欧州留学への関心は確実に高まっていると思われます。

混迷する欧州でも留学生ネットワークが力にの画像

ログインして全文を読む