ベルリンの壁崩壊25周年を記念して、この秋にはベルリンで大規模な記念プロジェクトが開催されました。その目玉は、11月7日から週末にかけての3日間で行われた「光の国境」(Lightgrenze)です。かつてベルリンの壁が存在したブランデンブルグ門やポツダム広場などを含む約15kmにわたってLEDで輝く1万個以上の風船が「光の国境」として並べられました。

分断の壁は消え、光の国境が現れたの画像

ログインして全文を読む