8月30日から9月3日までスペインのバルセロナで開催された欧州心臓病学会(European Society of Cardiology;ESC)に参加してきました。この学会は循環器領域において世界最大の学会の一つで、全世界から毎年約3万人が集います。近年は日本からの参加者が非常に多くなっているのも特徴です。

アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬の可能性に期待の画像

ログインして全文を読む