前回の記事で、心臓カテーテル治療の適応が冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)以外にも広がっているというお話をしました。その中でも、弁膜症に対するカテーテル治療が現在、大きな注目を集めています。弁膜症は心臓の構造(structure)にかかわる病気であることから、弁膜症に対するカテーテル治療はstructural heart disease interventionと呼ばれています。

僧帽弁クリップの日本導入を期待の画像

ログインして全文を読む