皆さん、初めまして。金子英弘と申します。私は、この4月よりドイツのブランデンブルグ心臓病センターでの留学生活を開始しました。今回、ご縁があり、KUROFUNetへの連載という貴重な機会を頂戴しました。循環器診療に携わっている医師、コメディカルの方はもちろん、これから留学を志しておられる方や海外の医療現場に興味をお持ちの方など、様々な方々にとって有益となり、同時に身近に感じていただける連載を目指していきたいと考えています。

ニーズ急増の次世代心臓治療を学びにドイツへの画像

ログインして全文を読む