ホーチミンのクリニックでの勤務初日、オリエンテーションの際に、「もし日本人の患者でevacuationがあったら、あなたに行ってもらうから」と言われたのです。「エバキュエーション?」と思いましたが、どうやら話を聞いていると患者を飛行機に乗せて搬送することを指すようでした。クリニックの中で働くだけだと思っていたので、びっくりして「それって、まさか自分が空の上でお医者さんをするってこと?」と聞くと、「もちろん!」という返事でした。

頼れるのは自分だけ、“空飛ぶ医者”のとても長い旅の画像

ログインして全文を読む