前回までに夫の偉温がお伝えしたように、私たちがサイゴン(ホーチミン)へ来て2年と少しが経ちました。こちらで仕事を始めてまだ1年と少ししか経っていない私ですが、それでも日々の診療の中で、ベトナム人の子どもたちについて感じることがあります。それは「とにかく、巨大!」ということです。

肥満児が闊歩するベトナムの小児科の画像

ログインして全文を読む