1962年、俳優のダニー・トーマスは崇高な理念を掲げ、小児期の悲惨な疾患の治療と研究を専門とするセントジュード小児病院を創設しました。当時、小児白血病の生存率は4%で、まさに死の宣告にも等しい疾患でした。そこで彼は、世界中のエキスパートを集め、臨床・研究の総力を挙げて治療に当たり、患者には無料で医療を提供するという、まさに絵空事としか思えないような構想に基づいて病院を作ったのです。

莫大な献金を集める小児病院の戦略の画像

ログインして全文を読む