自己実現した人のアドバイスは、得てして単純明快なものです。2002年、私は小児感染症専門教育過程(フェローシップ)の採用面接のため、全米各地を回っていました。その中で、セントジュード小児病院感染症科のトップであるトマネン先生が私に言い放った一言は鮮烈でした。「将来、日本に帰ろうがアメリカにとどまろうが、一流の専門医になりたいのだったら、(うちのような)超一流の施設で研修して結果を出すこと。それ以外は二流よ!」

ログインして全文を読む