私が勤務しているのは、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)Clinical & Translational Science Institute(CTSI)の臨床研究病棟です。ここに勤めて5年になりますが、その間に、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(いわゆる狂牛病)の診断・治療、蛋白質と骨粗鬆症の関係、高血圧と塩分の関係、様々な抗癌治療、麻薬依存症の治療、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の研究などに「リサーチナース」として携わってきました。

ログインして全文を読む