先日、日本で開催された2つの医学・生物学関係の学会に出る機会がありました。1つは日本の学会でほとんどの発表は日本語でしたが、もう1つは国際学会で英語を使って発表が行われていました。どちらの学会でも、それなりに学問的に興味深い発表があり、勉強になることもありました。しかし、発表者によって発表の巧拙に大きな差があるのには、いつものことながら驚かされました。

分かりやすいプレゼンの7つの鉄則の画像

ログインして全文を読む