私が現在所属するナッシュビルの新生児医療グループは様々な工夫を凝らしながら、ナッシュビル市内の60床のNICU以外にも、「陸の孤島」まで守備範囲にした複数の病院で新生児医療を提供しています。 テネシー州の州都ナッシュビルから時速80マイル(130km)で飛ばしても45分はかかるところに、ディクソンという町があり、そこにあるコミュニティーホスピタルは、町の住人のためのみならず、周辺の町からやって来る人々にとっても「健康の守護神」のような役割を果たしています。この病院で、私たち新生児ナースプラクティショナー(NP)の効率的な活用がなされています。

小児科医が非常駐の病院で、新生児NPが獅子奮迅の画像

ログインして全文を読む