在宅での看取り、あるいはより患者の希望に沿ったかたちでの終末期医療というものが、学会はもちろん、一般メディアでもよく話題に上るようになった昨今です。医療が進んだ欧米諸国では、これらはすでに当たり前のことのように提供されていると思われるかもしれません。しかし、実際の現場では多くの医療者が悩み、常に葛藤の中にいるのです。

ログインして全文を読む