実は、ECMOの歴史は比較的古く、1970年代にまでさかのぼります。新生児・小児集中治療分野を中心に使用が始まり、技術向上とともに徐々に成人領域へ広がっていきました。1989年には北米の施設を中心とする症例登録団体ELSO(Extracorporeal Life Support Organizationが設立され、現在はアジア、南米、ヨーロッパまで加盟施設が広がっています。ELSOは、各施設の経験症例を全体で蓄積・共有するほか、スペシャリストの育成、ガイドラインの作成など、ECMOに関する診療の質向上のための活動を行っています。

ログインして全文を読む