1998年、ミュンヘン大学医学部に入学を許可されて以来、これまで無我夢中で過ごしてきました。この連載では、ドイツの臨床現場で内科を専門として働く私が、当地で医師として経験したこと、感じたことをお伝えしていきたいと思います。

疾風怒濤のドイツ医学生時代の画像

ログインして全文を読む